審査を受けなければいけない

>

資金サポートを受けてみよう

スタッフと面談をする

利用したい資金サポートが決まったら、それを扱う金融機関を訪れてください。
そして、面談を実施します。
面談で自分がどのような事業を行っているのか、何のために資金が必要なのか詳しく説明してください。
金融機関によって質問されることは変わりますが、大抵はこの2つが聞かれます。
ですが質問にうまく答えられず、こちらの意図が通じないと怪しまれてしまいます。

すると審査を通過できないので、きちんと準備を済ませてください。
言いたいことをまとめるなど、説明の練習をすると良いですね。
また説明は、簡潔に伝えることがポイントです。
言いたいことが多くても、説明が長くなると内容が滅茶苦茶になり、相手に通じません。
大事なところを、ピックアップして伝えましょう。

必要な書類の種類

事業計画書や資金繰り表など、申請に必要な書類を用意してください。
口頭でも事業の内容を伝えますが、一応書類でも伝える必要があります。
書類は適当に書かず、丁寧な文字で書いてください。
文字が汚いと、適当な人間だと誤解されてしまいます。
するとそのような人に資金を貸しても、正しく返済してもらえないと判断され、審査を落とされるでしょう。

すでに他の金融機関などから資金サポートを受けている人は、それを説明できる書類も作成してください。
複数の金融機関からサポートを受けていることは、マイナスのイメージに繋がります。
しかし事実を隠すとこちらの信頼を失うので、正直に伝えてください。
負債が多くても、事業が成功する見込みがあるなら資金サポートを受けられます。


この記事をシェアする