初めてでもできる!資金サポートの申請から融資までの流れ

審査を受けなければいけない

資金サポートを受けてみよう

重要なのは、こちらの信頼性や計画性です。 しっかりと計画を決め、今回の事業が成功する自信があるなら、金融機関は資金を貸してくれると思います。 そのために、自分でも事業計画の内容を整理しておきましょう。 また必要な書類は全て揃えて、綺麗に作成してください。

税理士に相談してみる

1人で面談を乗り越える自信がない人は、税理士を頼ってください。 税理士は、金融機関との面談に同席してくれます。 そして自分の代わりに説明してくれるので、安心して資金サポートを受けられるでしょう。 他にも事業のことを相談できるので、良い税理士を見つけてください。

返済のことを考えよう

資金サポートで得た資金は、返済してください。 返済する際は利子が発生し、期限も相手に決められます。 期限内に返済しないと、大きなトラブルに発展するので気を付けましょう。 そこで返済の計画を立てたり、必要最低限の金額を借りたりすることを意識してください。

こちらの意見を説明しよう

簡単に流れを説明すると、まず金融機関のスタッフと面談を行います。
その時にどのような事業を行っているのか、どのくらいの資金が何のために必要なのかということを聞かれるので、答えられるようになってください。
次に書類を作成し、提出します。
書類でも事業内容を細かく伝えたり、これまでの資金繰りがわかる書類を用意したりしましょう。
すでに他の金融機関から資金サポートを受けている人は、それもこの段階で伝えてください。

面談の時に、自分で事業内容を説明することに不安を抱いている人が見られます。
しかしうまく説明できないと、計画性がないと判断され、審査を落とされてしまいます。
そこで自信がない人は、税理士の力を借りましょう。
税理士は金融機関との話し合いに同席し、代わりに説明を任せることができます。
税理士なら詳しい説明をしてくれるので、金融機関のスタッフも納得するでしょう。
信頼できる税理士を見つけて、依頼してください。

資金サポートで得た金額は、返済することを念頭に置きましょう。
そのため大きい、金額を借りすぎないでください。
借りる金額が大きいと返済の負担も増えて、期限までに返済が終わらないというトラブルが起こるかもしれません。
また事前に、返済計画書を作成することもポイントです。
どのくらいの資金があれば事業を成功させられるのか計算し、必要最低限の金額を求めましょう。
それなら返済の負担が大きくならず、スムーズに資金を借りられます。